swansong.jp

スワンソング 詞:松本隆

青空に目を伏せて ぼくは船に乗り込む
桟橋を走ってる君の髪 雪崩れて
死にゆく鳥が綺麗な声で歌うように波が泣いた

君の優しい白い手 海の青にも染まらず
どこでボタン間違え 未来がずれたのか
ぼくと生きた数年が君を綺麗に変えたね
すぐ泣いた君がこんなに冷静装う

辛いばかりだね 遠距離恋愛
楽しくないのに続けるのは無理か

ほんとうに終わりなの 君はコクリ頷く
桟橋の端に立ち 手を振っていたけど
潮騒の中 無声映画のようにひざを折って泣いた

丘の上から見下ろす港 この景色が好き
晴れた日は遠い国から鳥も飛んでくる

聞いて私たち 生きてる重みは
自分で背負うの 手伝いはいらない

青空に目を伏せて ぼくは船に乗り込む
桟橋を走ってる君の髪 雪崩れて
死にゆく鳥が綺麗な声で歌うように波が泣いた

ほんとうに終わりなの 君はコクリ頷く
桟橋の端に立ち 手を振っていたけど

青空に目を伏せて ぼくは船に乗り込む
桟橋を走ってる君の髪 雪崩れて
死にゆく鳥が綺麗な声で歌うように波が泣いた